薬師岳山頂に祀られている薬師如来について!

このエントリーをはてなブックマークに追加

薬師岳山頂の祠

正式名は薬師瑠璃光如来(やくしるりこうにょらい)といい、人々の病気を治し、安楽を得させる仏で、古来より医薬の仏として信仰されています。現在の薬師岳山頂の薬師如来像は、東方薬師瑠璃光如来立像で、総丈1尺3寸(39㎝)、御身丈8寸(24㎝)。高岡市青銅社謹製、仏像に仏師の名前は彫られていませんが、仏師は山本山雲氏です。1970年(昭和45)年7月19日、薬師堂新築記念として、前五十嶋商事㈲代表取締役であります故五十嶋文一が寄進しました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です